にしあらい生活習慣病クリニック
診療科紹介
トップページへ
診療案内へ
診療科紹介へ
人工透析へ
脱!!メタボ
寝たきり予防
健康診断
アクセス 交通案内
リンク

医療法人社団
成和会
にしあらい
生活習慣病
クリニック




〒123-0843
東京都足立区
西新井栄町
1-18-11プロシード・
アルティア西新井1階

TEL
03-5845-2187
FAX
03-5845-2188
診療科目
糖尿病・代謝内科
皮膚科
漢方内科
糖尿病代謝内科について
食べ物は消化吸収された後、複雑な化学変化を受け、体内で活用できるように再合成され体をつくる材料となったり、生命活動を営むためのエネルギー源となります。このように体内で物質が変化していく過程を「代謝」といいます。
近年、遺伝や生活習慣、ストレス等によってこの代謝に異常をきたし、肥満やメタボリックシンドロームを経て糖尿病などの生活習慣病を発症する人が増え続けています。 
これらの生活習慣病は薬物療法の他、運動療法、食事療法で改善が期待できる疾病です。しかし放置していると、動脈硬化をはじめ全身に合併症が起こりやすく、日常生活に支障をきたすこともあります。
早期発見、早期治療、そして合併症予防に医師の他、看護師、管理栄養士がチームとなってサポートします。
●
皮膚は体温の調節、水と電解質のバランス保持、痛みや心地よさといった刺激の知覚など、数々の機能を担うほか、有害物質が体内へ侵入するのを防ぎ、人体を太陽光線のもつ悪影響から保護するバリアの役割を果たしています。
皮膚の色、きめ、しわなどはその人特有の個性です。そのため、かゆみ、水泡、発赤、腫れ、じくじくするなどの不快な症状は、心身の健康に重大な影響を及ぼし、QOLをさげる原因ともなり得ます。
また糖尿病などの手足の血流が悪くなりやすい病気がある方や、免疫力が低下している方は皮膚の感染症にもかかりやすく、日頃のケアが大切になってきます。


皮膚の病気の詳細  
皮膚科電子小辞典            http://www1.odn.ne.jp/~cfz93820/
皮膚のトラブルに悩んでいませんか?
湿疹(アトピー性皮膚炎、手荒れ、乾燥肌、かぶれ)、 蕁麻疹、うおのめ、たこ、やけど、水虫、とびひ 等
漢方内科について
西洋医学とは違うアプローチで体におこる不快な症状、変調を改善、正常へと導くのが「東洋医学」です。
東洋医学では、病気は体内の「気・血・水」のめぐりが悪くなることで起こると考えられています。「気」は生体を動かす基本となるエネルギー、「血」は血管 の中を流れている成分、「水」は汗、唾液、涙、尿など体液全体をさします。漢方はストレスの多い生活等によって現れた不調に対して体内バランスを整え、 「気・血・水」の流れを正常に戻すことで治そうとします。
診療は具合が悪いところだけでなく、体全体を診て漢方薬を処方しますので、似た症状でもその人の体質、体力、季節などによって内容は変わります。
 求人情報|お問い合わせ|サイトマップ個人情報保護方針
Copyright(C) にしあらい生活習慣病クリニック All rights reserved.